マイクロスコープの用途

マイクロスコープの活躍する場所が増えています。

特に理容や美容目的にマイクロスコープを使用する事が多くなりました。抜け毛を減らして健康な髪の毛を増やすために育毛剤やシャンプーなどあらゆる物が開発されています。

また、エステやサロンなどでマイクロスコープが多く利用される様になりました。人それぞれ違う髪や頭皮の状態、または皮膚の状態を調べる事で、より効果的な美容方法を提供してくれるサービスを提供してくれる所もあります。

これからはマイクロスコープなしに、理容や美容が発展するのは難しいと言っても過言ではないでしょう。

あらゆる分野で使用されるマイクロスコープ

マイクロスコープは、医療の分野から科学や理科の実験などあらゆる分野で使用されています。

光学式と電子式の2種類に分けることができ、光学式のマイクロスコープは拡大したい物に可視光線などの光を当てて拡大する構造になっており、電子式のマイクロスコープは光学式で使用される可視光線より更に波長が短い電子光を当てて拡大する構造になっていますので、更に小さな物を見ることができます。

肉眼では確認できない程の小さな物を見える大きさに拡大することができるので、生物や細胞、金属や半導体などさまざまなミクロの物を確認することができます。

マイクロスコープの倍率の確認方法

マイクロスコープで観察するときに対象物の大きさや観察したい部位によって拡大率を選択する必要があります。それを総合倍率と言って、拡大できる能力のことを示したものになります。

マイクロスコープは接眼レンズと対物レンズの組み合わせによって拡大できる能力が決まります。例えば10倍の接眼レンズを選択して、100倍の対物レンズを選択した場合は、1000倍に拡大できる能力があることになります。

1000倍ぐらいだと菌類の観察であれば十分な倍率になります。対物レンズは回転式のテーブルにあらかじめ取り付けている数種類を簡単に切り替えることができます。

マイクロスコープで口内環境を撮影

マイクロスコープと耳にした場合、肌質チェックや頭皮の様子を調べる目的があるとイメージされますが、特に用いられる事が多いのは歯科治療の現場です。しかも、歯科医で用いられているマイクロスコープは専用品として開発が行われたタイプで、非常に高価な機器です。

既存のルーペという道具もありますが、マイクロスコープならより一層拡大できる上に明るく撮影して残す事ができるので、口内環境を手に取るように明瞭に把握することが可能です。歯周病などはもちろんですが、虫歯を早期に発見させられるので、削る前に対処できるようになります。

マイクロスコープの画像を鮮明にする

マイクロスコープとは、高画素のカラーカメラと照明、各種倍率のレンズ、接続ケーブルなどを備えた画像の拡大表示装置を指します。マイクロスコープは、複数の人間が同時に観察できて、パソコンでの画像処理が容易などの特徴を持ちます。ここで、画像を鮮明にするためには、カメラ、照明、レンズの機能を高いものにすることが考えられますが、費用もかかります。

そこで、パソコンの画像処理の性能をアップすることが考えられます。これが一番費用がかかりません。また、カメラ、照明、レンズの機能を高いものにしても、必ずしも鮮明さのアップにつながらないおそれがあります。

家庭用におけるマイクロスコープのモニター

マイクロスコープにはモニターが不可欠です。レンズを通してミクロの世界を観察するのですから、その映像を映し出す装置がなければ、まるで意味がないのです。そのため、業務用が一般的だった時代には、とても高価なものでした。

しかし現在では、家庭用マイクロスコープが普及して、安価で利用することができるようになりました。映像も、パソコンやスマートフォンに映し出されて、静止画や動画として保存することも可能です。そのため、子どもの自由研究にも最適といえます。マイクロスコープのモニターを通じて、知的好奇心を刺激していきましょう。

マイクロスコープの魅力

マイクロスコープは、カラーカメラ、拡大レンズ、照明などで構成される拡大表示装置です。英語で「顕微鏡」という意味ですが、一般的な顕微鏡と違う部分が多くあります。

まず、肉眼で観察する顕微鏡に対し、拡大した物を見るためにモニターが必要になります。このことにより、同時に複数の人間が観察することができます。次にレンズの手持ちが可能なので、いろいろな角度から対象物を捉えることができます。

レンズ自体も顕微鏡と比較すると、焦点深度が深いので3Dで捉えることができますし、視野角も広く拡大した場合でも広い範囲を観察することができます。

マイクロスコープに関する記事