「seo先生」へようこそ

当サイトはseoについての情報サイトです。

seoという言葉自体の認知度は高いものの、それに関連するキーワードについてはあまり知られていないことが多いです。

曖昧な知識でのseo対策は反って順位を下げる原因になりますので、当サイトを使って様々な用語を知ってみて下さい。

そして正しい知識で正しい対策を行い、順位アップを目指しましょう!

まずは、当サイトでseoの知識を増やしてみてください。Let's do seo !!

クロスリスティング
Excite社とNTTレゾナント社(gooを運営)が共同出資して設立した会社です。

クエリー
データベースからデータを引っ張ってくるために「要求すること」です。

Google
日本においてはYahooについでシェア2位、世界では圧倒的なシェアを誇る検索サイトです。

Yahoo
誰もがご存知のポータルサイト、日本国内の検索サイトの中でシェアNo1を誇るサイトです。

おすすめのseo会社

本格的なseoならseo対策FOA。http://www.seo-foa.com/TKT Ltd,.。大阪、東京、神戸。

seo対策のプランは安心の月額固定と効果が出た時に支払う成果報酬。

seo対策について

クロスリスティングGoogle
ライバルに勝つseo対策ペナルティー解除をしてくれるseo対策サービス
seoとはseo
seo対策seo大阪
webサイトに集客するためにseoseoのコストパフォーマンス

ームページ制作について

ホームページ制作会社の専門性スマフォ対応のホームページ作成
ホームページ制作ホームページ制作会社大阪
ホームページ作成の意図ホームページ作成にはユーザビリティとアクセシビリティ

基本的な事は把握しておきたいseo対策

中にはseo対策について右も左も分からないという人も多いかと思います。seo対策は会社に正式に依頼すると、後は行ってもらう事ができます。

しかし、会社とseo対策について細かいやり取りが発生するという事も考えられます。

行ってもらっているseo対策について自分自身が理解するためにも、基本的な事は把握しておきたいですね。簡単なseo対策に関しては、書籍を利用したり、インターネットで調べたりするだけでも、知識を増やせる事もあるかと思います。

自分がより納得できるサービスを受けるためにも、忙しいかもしれませんが、合間をぬって勉強をするというのもいいかと思います。ベストを尽くしたいですね。

プロに依頼したいseo

もしseoをプロに依頼するとどの様ないい事があるのかという事について考えてみたいと思います。

まずseoというのは、かなり熟知している人でないと難しいという事が考えられますので、プロに頼む事によって自分で難しい事を模索して行う必要はありません。

そして、プロに依頼するとseoに関する事をすべて行ってくれますので、時間を費やす事もありません。またプロがseoで満足できる結果を出してくれている場合には、そのまま任せる事もできるでしょう。

これらのseoをすべて自分で対応するとなればかなり大変だという事が考えられますので、このサービスは企業にとって非常にありがたいものとなっている場合もあるでしょう。

成果を出せるseo業者の見極め方

seoコンサルタント業界には、かなり胡散臭い業者が多いのが実態です。クライアントに対してスパムまがいのseo施策を行ってランキングを上げたりすることはよくあります。

それでも成果が出ればまだマシですが、まったくランキングが上昇せずに、高額な料金だけをぼったくられてサヨウナラというようなことも頻繁にあります。

まともなseo業者かどうかを見極めるには、まずその業者自体が、ちゃんと検索結果で上位に表示されているかどうかを確かめましょう。

自社を検索結果において上位表示できていないような業者は、本当に技術があるのか疑問です。

seoにおけるAIの意図を知る

AIの意図ということはすなわちグーグルのアルゴリズムの方向性ということになります。なぜグーグルがアルゴリズムを日々改変しているのかと言うと、それはユーザー満足度を最大化するためです。

そしてそのユーザーの満足度をどのように最大化するのかというと、それはサイトのコンテンツの質の高いものを上位表示していくことです。

そのためひと昔前に横行していたブラックハットseoなどは急速にランク外に飛ばされています。

今後はホワイトなコンテンツseoでサイト運営していくことが唯一のサイト上位表示への道のりになっていくでしょう。

seoのドメインの重要性

seoにおいて、ドメイン名はある程度重要ですが、ドメインの種類についてはseoにはまったく関係ないです。

種類というのは拡張子の後ろについているやつです。あれが何を指しているのかというと、所属する団体などです。

サイトを作成する際に気にする人もいるのですが、それはなんでも良いので、有名どころのものを取得しておけばなくならないので良いでしょう。

そして拡張子の前の部分に関しては、サイトで作成する予定のコンテンツに合っているものであれば、英語でも日本語でも良いです。

最近はそこだけでグーグルも判断しないので、ある意味楽です。

seoはコンテンツマーケティングが基本です

昔のseoはキーワードやリンクがコンテンツよりも重要という状況でした。それはアルゴリズムが単純にキーワードの数やリンクの数を重視するロジックになっていたからです。

グーグルが実際にこれらを重視していたというわけではなく、これらを重視すれば結果的にユーザーにとって最適なサイトが表示される可能性が高いだろうという推測の元このようになっていました。

しかし、現実的には悪用される場合が多く、ブラックハットseo※1が横行したいう過去があります。現在ではかなり改良され、コンテンツマーケティング※2以外にないという感じです。

seoはインデックスの整理が重要

最近のseoは外部よりは内部seoが重要と言われています。それは外部はやりすぎるとブラックハット判定を受ける場合が多く、危険度が高いです。

外部も知る必要性は高いのですが、その目的は自分が実施するためというよりは、誤ってやってしまうことでサイトがはじき飛ばされるのを防ぐためです。

最近は油断しているとブラックハット判定を受けるというくらいに本人の意図とはまるで無関係で容赦ないところがあります。

なので、内部のインデックスを整えるなどが重要です。またクローラーの機能も上がっているので、入ってくることは入って来ます。

seoでgoogle対策

インターネットでウェブサイトを閲覧する場合、直接アドレスを打ち込むのではなく、検索サイトから目的のウェブサイトを探すという方法が現在では主流となっています。

つまりウェブページのアクセス数を増やす一番の近道はGoogleを始めとする検索サイトの表示結果で、いかに上位に食い込むかを考えることです。

その方法をseo対策と言います。サーチ・エンジン・オプティマイゼーションの頭文字を取ったもので、日本語で言うと検索エンジン最適化ということです。

検索エンジンは一定のルールに基づいて検索結果を表示しているので一種の攻略法のようなものがあるのです。大阪にはseoを専門に行っている業者もあります。

RankBrainでseo対策する最善の方法は

機械学習で動いている、3番目に重要なアルゴリズムなどの特徴をもつ、RankBrainに対してどのようなseoを最適化すればよいかというと、答えはとてもシンプルで、何もしないです。

RankBrainの為に、特別な対策をする必要はなく、今まで通りコンテンツをしっかりと作り、ユーザーの為にサイト運営をすることが重要です。

機械っぽく書くのではなく、自分の言葉で自然に書いていれば、何ら問題がないので特に対策を練る必要はないです。

勉強会などに行く必要もないので、今まで通り普通にサイト運営をする事が、最も重要なのです。

ブラックハットseo※1

ブラックハットSEOとは、Googleが定めるガイドラインに反したり、googleの検索アルゴリズムの穴を突いて不正に検索順位を上昇させるための手法を指します。

検索アルゴリズムの穴を突くと言っても順位を上げることを目的として操作を行うことがブラックハットseoにあたります。

有料リンク、相互リンク、ブログパーツへのリンクの設置、コメントスパムなどを利用し、被リンクを増やす手法です。また、内部コンテンツにおいてキーワードを詰め込む、または内部リンクの操作による手法です。

コンテンツマーケティング※2

コンテンツマーケティングとは、サイトの読者にとって価値あるコンテンツの制作し、発信することで見込み顧客のニーズを育成、購買させ、最終的にはファンとして定着させることをめざすマーケティング手法のことです。

21世紀になってウエブ広告が流行るにつれ、コンテンツマーケティングという言葉が使われ始めました。特に、コンテンツseoとして、コンテンツマーケティングという手法を用いることが推奨されています。コンテンツマーケティングのメリットは一般ユーザーが広告にはうんざりしているなか、コンテンツマーケティングはユーザーに広告と気づかれにくく、作成したコンテンツは資産になることです。

seoの基礎を学び、ホームページ制作に役立てる

seoの基礎を身につけ、ホームページ制作に役立てる事は、自分のホームページを作りたいという人にとって、より良い経験になるでしょう。

ホームページについては、ソフトによっては最近では簡単に作成できるようになっています。

しかしながら、しっかりと基礎を固めておくことで、万が一の際に役立てることができないでしょう。このような分野については、スクールに通うこともできますし、webのマーケティング会社において指導を受けることも可能でしょう。

そのように対応してもらうことで、ホームページの管理のポイントなどを知ることができるでしょう。

フォントに注意したいバナー作成

パソコンやスマートフォンでインターネットをしているとたびたび見かけるのが、バナー広告です。

バナー作成というのは、小さい画面での作業になりますが、技術を必要とします。バナー作成では特にフォントに注意したいですね。

特にスマートフォン用のバナー作成を行う際には、文字が小さくなりすぎると、可読性が低く文字が読めなくなってしまう事もありますので、注意が必要です。

せっかく素敵なデザインのバナー作成を行っても、文字が読めないというのはやはり問題かと思います。

また、バナー作成においては文字の大きさだけでなく、背景とのコントラストも考えないといけません。白い背景に黄色も文字で記載されている物は読みにくく感じる事が多いでしょう。

最新情報をチェックできるRSSの機能

インターネットを使う時にブックマークの機能を使用している人は多いのですが、RSSの機能を使っている人は意外にも多くないのかもしれません。

RSSとは、最新の情報を時間や手間をかける事なく得たいという人におすすめの機能です。よくホームページを見ていると、RSSのボタンを見かけます。

そのボタンを押せば、最新の情報をチェックできます。と言ってもサイトに直接訪問する事なく、最新情報を得る事ができるという点において優れています。

複数のサイトをRSSに登録しておくと、登録したすべてのサイトの最新情報を同時に得る事ができます。

気に入ったサイトがたくさんある場合に、最新情報を確認するためだけに、そのサイトに訪問するのは面倒です。

また、ここで紹介するサイトは当サイトが選んだおすすめのサイトばかりですが、RSSが使用できるサイトがあればぜひ購読してみて下さい。

マイクロスコープについて

学術や研究用のマイクロスコープ医療用のマイクロスコープ
マイクロスコープの用途病院で使用されるマイクロスコープ

幅広く取り入れられるマイクロスコープ

マイクロスコープは科学や医療の分野で利用される機会が増えていて、顕微鏡と異なる性質の装置として利用されています。

ステージに観察物を載せたり、小さなレンズを覗き込んで観察する必要がないことから、あらゆるシーンに合わせた活用方法が挙げられます。

モニター画面に観察物が映し出せることによって、複数人での情報共有や研究に役立てられている他、ハンディタイプのカメラが備わっており、観察物の大きさや形状を問わず利用することができます。

簡単な操作によって使用できる製品も多く取り揃えられていることから、更なる可能性が広がっています。

マイクロスコープと顕微鏡の違い

マイクロスコープは英訳すると顕微鏡となります。では、顕微鏡との違いや用途は何なのでしょうか?まず、観測する対象に対して倍率が高性能であること。

そして、カメラを使い、パソコンやテレビなどモニター越しに適しているのが特徴です。

これは目に疲れないこと、複数人での閲覧や情報共有に適していると言えるでしょう。さらに、パソコンの画像処理が用意であるなどの便利な点もあります。

その反面、直接見ることができないため、肉眼では見られないことがデメリットに当たります。用途に応じて、顕微鏡とマイクロスコープを使い分けることがいいと思われます。

意外と身近なマイクロスコープ

一般的にマイクロスコープを言葉で表現するならば、テレビ画面やモニターに対象物を拡大して表示する装置、という言い方が適切かと思います。

一般の人は自分自身があまり触れる機会の少ないものとして認識しておられると思いますが、よく周りを見渡すと歯科、皮膚科などで多く使用されています。

最近では自分自身でチェックをしたいという需要も多く、スマートフォンに取付け可能なマイクロスコープも登場しており、より身近な存在になっています。

病院でしか見ることが出来なかった頭皮や皮膚も、今はスマートフォンがあれば自分で確認出来る時代です。一度は自分で頭皮チェックをしてみると面白いかもしれませんね。

メニュー

TOP seoとは Google対策 seo対策 ホームページ制作会社大阪 ホームページ制作 マイクロスコープ